スタッフブログ

EV化とM&A(篠田)

投稿日:2017/09/13

篠田です。

ここ数か月の間、EV車に関する報道が多くされています。

フランスが2040年までにガソリン車の販売を規制する

中国がEV車製造にあたり、新たに合弁会社設立を認める

などです。

 

私が活動する東海地域はトヨタ自動車のおひざ元であり、自動車製造業関連の企業がたくさんあります。

ですから、EV化の動きは非常に注目してみています。

 

日本の自動車メーカーはEV化への対応が遅れているといいます。

トヨタ自動車は燃料電池車を次世代の自動車と位置付けて開発を続けていましたが、ここにきてEV開発のためのプロジェクトチームを立ち上げた、と報道されています。

日産自動車はEVは早くから取り組んでいますが、販売実績は思ったほど伸びていないようです。

しかし、アメリカのテスラモーターが発売した、これまでより安価なEV車の予約が50万台を超えたとか。

そして、中国もガソリン車の販売を規制する時期を設定、という報道もされるようになりました。

これまでの予想よりもはるかに早く、EV化の波は来るのかもしれません。

このままいくと、日本の自動車メーカーは立ち行かなくかもしれません。

そして、その先にはM&Aが活発化するのではないかと考えています。

 

EVの席巻は、そんなに遠くない将来に起こりそうです。

注意深く情報収集をしていきたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP