事業譲渡とは?

1.事業譲渡とは
 事業譲渡とは、会社の「事業」の全部又は一部を他の会社に譲渡することで、この場合の「事業」とは一定の目的(営業活動)のために組織化された有機的一体としての機能的な財産と債務(得意先との関係や蓄積されたノウハウ等決算書上に表れない経済的価値を含む)のことをいいます。

2.事業譲渡の具体的手続き
 事業譲渡の金額や諸条件が整った後「事業譲渡契約書」を、当該財産に不動産が含まれている場合は別途「不動産売買契約書」を締結します。事業譲渡の場合、「事業」を運営する法人が変わるため、取引先との既存契約や従業員との雇用契約は承継出来ませんので再度締結が必要になります。従業員からは転籍同意を事前に得る必要があります。

3.事業譲渡の課税関係
 前述で事業譲渡の「事業」とは「組織された有機的一体としての機能的な財産と債務」とご説明しましたが、売買は個々の財産、個々の債務で行います。よって譲渡企業では、簿価と売買代金の差額は固定資産譲渡損益となり法人税等の課税が、また個々の取引ごとに消費税等の課税が発生します。

4.事業譲渡の留意点
 事業譲渡は「事業」のみの承継で法人格は引継ぎませんので、譲渡企業が取得している許認可や前述のような契約関係は基本的には引継げません。よって再取得や再締結が必要になりますので、事業継続に支障がないか事前に確認をする必要があります。

執筆:櫻田貴志

PAGE TOP