2019年06月20日

トップ面談って何?

トップ面談って何? 68dc7a93f15dc831d03e30af1049accf_s.jpg

中小企業のM&Aでは、M&Aを進めるにあたり、
本格的な条件調整を始める前の段階で、
トップ面談を実施することが一般的です。
今回は、トップ面談の概要や目的などをお伝えします。



1、トップ面談とは?
トップ面談とは譲渡企業の意思決定者と譲受候補企業の意思決定者(ほとんどの場合は代表取締役同士)が、
取引金額などの具体的な条件交渉を行う前に、顔合わせをすることです。
中小企業のM&Aでは面談相手への印象がM&Aの可能性を大きく左右することがあります。
相手への敬意をもって面談に臨み、相手に好印象を持ってもらう
ことが重要です。

2、トップ面談の目的
トップ面談の目的は、相互理解を深めることが一番の目的です。
そのため、話し合う内容はM&Aに直接関わる事柄よりも、お互いの事業に対する思いやこれまでの苦労話、
今後のビジョン等が中心です。譲渡企業の経営者にとっては、思い入れのある自社の後継者として、譲受候補企業が
ふさわしいか、信頼に足る相手かどうかを判断するための重要なプロセスであり、また、譲受候補企業にとっても、
譲渡企業の経営者の性格や事業に対する思いを知ることで、譲り受けようとする会社がどの様な性格をもった会社な
のかを知ることができます。 

トップ面談を双方好印象で終えることができれば、その後の条件調整もスムーズに進められる可能性が高まります。
身だしなみや面談でのNGワード等、具体的な留意点はアドバイザーにご相談ください。