2019年04月26日

経営戦略あってのM&A

経営戦略があってのM&A

買収を検討する会社の中に「どんな業種でもいいから紹介してほしい」
というご相談があります。

「本業と別の事業がほしい」や「事業を多角化したい」という事ですが、
M&Aで買収を検討していても話を進めるのは難しいと思います。
まずは自社のSWOT(強み、弱み、機会、脅威)を分析し、
「必要な事業は何で、それはM&Aなのか、自社での展開なのか」を検討し、
そこで初めて、「M&Aで」となると思います。

M&Aをするにあたり、戦略がどれだけ練られているのかは
その後の成果を左右しかねない重要な要素であり、
事前準備をしている会社こそが、M&Aで成功できる会社だと思っています。
緻密な戦略を立てる必要はありません。まずは、簡易な戦略から立てていくのをお勧め致します。
次号では、当社で支援したM&Aでの成功事例をご紹介します。

1077093.jpg