2019年11月15日

ディスクローズって何?

ディスクローズって何? 30ディスクローズ.jpg

ディスクローズとは公表を意味し、M&Aにおいては一般的に、最終契約締結または実行後に、
従業員、取引先等へM&Aを公表することです。

 具体的な内容について解説します。

1)従業員への開示
 譲渡企業の従業員に対して、譲渡企業の社長からM&Aの事実を伝えます。
その後、譲受企業の社長、また新たに社長となる方の紹介、挨拶となります。
従業員を不安にさせないように、雇用条件や業務内容などが変わらないのであれば変わらないことを
きちんと伝える必要があります。

  2)取引先(販売先)への開示
 譲渡企業の取引先に対して、M&Aについて伝えます。
訪問する際には譲渡企業の社長と譲受企業の社長及び新社長で訪問するのが望ましいです。
 取引先への開示については、事前に両社長で開示方法(手段、時期等)を十分に検討しておくことが必要です。
また、主要な取引先については、事前に伝えたほうが良い可能性がありますので、
M&A実行前に取引基本契約書等を確認しておく必要があります。

  3)その他関係先への開示
 仕入先、金融機関等へM&Aについて伝えます。
取引内容によっては譲渡企業の社長が連帯保証人となっているケースがありますので、
販売先への開示と同様に契約内容を十分に確認し、開示内容を検討する必要があります。
また、仕入先についてはM&A後も継続して事業継続に必要な商材が仕入れられるかどうかも確認する必要があります。

  M&A実行後に取引が継続できず、従業員が退職してしまっては、事業継続が困難となり
M&Aの目的を果たせない恐れがありますので、情報の開示には細心の注意が必要です。


関連記事


M&Aにおけるデューディリジェンスとは何か?
https://www.meinan-ma.com/info/columu/ma-7.html
トップ面談って何?
https://www.meinan-ma.com/info/columu/ma-5.html