2018年09月19日

(M&Aアドバイザーコラム)スタートアップ企業とM&A

1プチャ.JPG

毎日のように新聞に
スタートアップの記事が掲載されています。
今回はそのトレンドをお伝えしたいと思います。

今まで日本国内では事業承継を課題としたM&Aが増加していました。
これからはスタートアップ企業と呼ばれる企業がIPO(新規上場)
で事業拡大を選択するのでなく、 M&Aを使って大企業への売却を
選ぶものが主流になってくるものと推測されます。 
6月21日付、日本経済新聞朝刊1面に
「スタートアップ、上場より大企業に売却初の逆転」という記事が
掲載されておりました。大企業に売却するメリットは、下記2点があげられます。

《資金調達面》
 ・IPOには時間がかかる、手続きが煩雑
 ・大企業は手元資金が潤沢、金余りですぐに投資可能。  

《大企業との相乗効果》
 ・人材や販売網が広く、スピード感がありすぐに相乗効果が見込まれる。

アメリカでは、スタートアップの「出口」の9割がグーグルなど
大企業によるM&Aとのことです。
小さい規模の会社が生き残りにくくなったように感じます。

M&A, M&Aトレンド,スタートアップ企業,資金調達,出口戦略,跡継ぎ,経営者,オーナー
M&A, M&Aトレンド,スタートアップ企業,資金調達,出口戦略,跡継ぎ,経営者,オーナー