成功のカギは
早期実現と会社・業界への思い
【譲渡企業】株式会社久米商会 久米顧問
【譲受企業】株式会社アック  社本社長
久米顧問(写真左) 社本社長(写真右)

M&Aに至った経緯はどの様なものでしたか?

久米顧問:久米商会は自分の小さい頃に父が創業した会社になります。
その姿を見ていただけに父の会社を継ぐものと思い、大学でも化学を学び、塗料一筋でやってきました。
しかし、最近は段々と体力的にも精神的にも社長を続けるのがつらくなってきて、今後を考えるようになっていました。
そんな中でM&Aや事業承継という言葉が世間一般になってきていたこともあり、M&Aを決断しました。

社本社長:アックは東海地盤で長らく事業を続けてきましたが、最近では複数の拠点を展開することが出来ています。
しかしながら塗料業界はここ数年、後継者問題や人材不足から廃業する会社さんが増えてきており、業界の縮小を感じていました。
育ててもらった塗料業界の先行きが不透明な中、業界に何か恩返しできることはないかと考えていたところ、よいタイミングでご縁あって
久米顧問にお会いすることが出来ました。

お互いの会社を決めた決め手は何ですか?


DSCN1440.JPG

久米顧問:東海と言えば名南ということもあり、何より担当して下さった名南M&Aの担当者の人柄に共感し、譲受企業の探索をお願いすることにしました。そんな名南さんの作ってくれた候補リストにアックの名前があり、一目見たときにピンときました。地元の同業者としてお付き合いがあり、大変良い印象を持っていました。ここに引き受けてほしい、そう感じました。

社本社長:ご提案頂いたときは驚きましたが、話しているうちに久米顧問の真面目な人柄に惹かれました。その人柄を通じて久米商会の様子を知るうちに、弊社(アック)と社風が合いそうだと感じました。何より同じ名古屋、同じ工業用塗料という共通の認識があるというのも大きかったですね。

M&A後の経過はどうですか?

久米顧問:社長としての責任がようやく離れました。社本社長に判断を任せることが出来、肩の荷が下りたというのが実感です。
完全な引退はまだ少し先ですので、それまでの間は業務に関わりたいと考えています。社本社長からも適度に関わり続けて欲しいと言ってくださっているので安心しています。

社本社長:苦労していることはないですね。私自身、父が倒れて経営を引き継いでいるので、先代経営者の背中として久米顧問から学ばさせてもらっています。久米商会の技術力に感心しています。

M&Aについて最後に一言お願いします。

DSCN1431.JPG

社本社長:技術や文化を積み重ねてこられた会社さんを引き受けるという事の重みを感じました。ただ、これで業界への恩返しが少しは出来たと思います。従業員の雇用を守ることが出来るだけでなく、譲渡側には正当な対価が支払われる、お互いがウィンウィン(win-win)な関係になれるのがM&Aです。また、他の会社の文化を知ることができたことはとても良かったです。この文化は大切に引き継いでいきたいと思います。

同じような悩みを持つ経営者の方へアドバイスをお願いします。

久米顧問:自分の中では「まだまだやれる」という気持ちもありましたが、早く決断して良かったと思います。
自分の場合は早くお相手が決まりましたが、長引く可能性を考えると早めに動くことが一番大切だと思います。
また、事業承継問題については自分だけで解決するものではないと思います。
私の場合、妻(当時取締役)とも話し合い、少しでも早くから動き出そうと考えました。
その結果、良い相手にも恵まれ、満足できたM&Aとなったので、同じような境遇の方の参考になればと思います。

製造業

「社員も仕事もそのままに」、
分かり合える経営者との出会い。

株式会社ジャスティス
相談役 村雲計博氏

建設関連サービス業

M&Aだからできた、行政ライフラインサービスへの参入

株式会社メイホーホールディングス
代表取締役社長 尾松豪紀氏

ダンボール製造業

2社のM&Aで顧客拡大を実現、
秘訣は利害関係者への丁寧な説明

協和ダンボール株式会社
代表取締役 高木 良直氏
取締役   水野 琢磨氏