やりたい仕事は自分で創る―
名南だからできること。
矢野好臣
情報開発部 シニアアドバイザー
入社5年目

入社のきっかけはどのようなことでしたか?

大学生のころ、医者だった父が他界したことで、父の事業を継ぐ人を探すことになりました。当時は、学生ながら一人で後継者探しに奔走しました。就活の時期と重なっており、たまたま当社の面接で自分の状況を話したところ、この会社にはM&A部門があるからやってみないかということになり、採用していただきました。
言わば一人でM&Aアドバイザーと当事者の二役をしていたわけで、継いでもらえそうな人のところに出向いてお願いしたり、資産や従業員のこともあり、どうしたらよいのかわからない中でやっていて、大変さが身にしみました。無事に父の大学の後輩の方が継いでくださったときは安心しました。その経験から、世の中で同じような状況で困っている人が大勢いるのではないかと思い、役立つ仕事だと考え決心しました。その経緯から、今は医療介護M&Aに取り組んでいます。

仕事をする上で大切にしていることは何ですか?

「相手を思うこと」に尽きます。人の気持ちを大事にすることが最も重要です。交渉事なので常に相手がいます。利益が反する部分がありますが、間に立つ以上は双方どちらの意見も聞き、相手が望むことをどのように実現できるかが重要です。合理的に考えたことだけではお客様の気持ちにお応えできないこともあり、それを相手が望むカタチにするためには、自分自身が当事者の意識をもって取り組むことが大切であり、それが私たちの仕事なのです。お客様が望む結果を出せたときに、いつも大きなやりがいを感じています。

自分の性格の中でどの部分がこの仕事に合うと思っていますか。

私は寂しがり屋なところがあり、人から「頼むね」といわれると嬉しい。お客様の知らなかったことを勉強した結果、頼りに思っていただけることがモチベーションになります。また頼ってもらえることで、さらに相手に応えられるように頑張る。継承の問題はお客様が本気で取り組んでいる課題なので、そこで対等に話ができるようになるためには、私の本気も求められます。これはお客様を通して学んだことの一つです。

普段から心がけていることは何ですか?

面談の前にお客様の反応をシミュレーションすることです。私たちはお客様を主導していく立場ですが、一方に偏らず合理的・理性的に面談を進めるために、どのように言い回せばどういう反応があるかということを常々考えます。また知識の習得や情報収集なども行い面談の事前準備を重ねていくうちに、お客様自身より一層深く関わる部分が出てきて、それによって当事者意識を持つようになります。その結果としてお客様と同じ目線になれることがあり、当事者の目とアドバイザーの目をもって面談に臨めます。

今後、目指していることを教えてください。

医療介護M&Aで存在感を出していきたいです。これは自分が手を上げて始めた部門であり、それを会社が認めてくれて今は部門のリーダーをしています。医療介護M&Aはまだ新しい市場といえるので、全国区で戦えるよう領域を広げて大きくしていきたい。
アドバイザーは、案件ごとの様々な業界の知識が必要になりますが、私の場合は専門に特化して一つのことをより深く掘り下げることによって価値を高めていきたいと考えています。

入社を検討している方へのメッセージをお願いします。

“素直”であれ。まず先入観なく受け入れるというスタンスはとても重要です。加えて、対人サービスを提供する仕事なので、社交的で話し好き、聞き好きであれば尚良いですね。
うちの会社は良い意味でアットホームであり、上司や先輩との壁がなく、共に助け合うという気持ちが強いのが特長です。実は私は会社の新卒第1号なのです。成長過程が近い先輩が周りにいなく戸惑ったこともありましたが、先輩や上司に手をかけていただき少しずつ成長することができました。いまは教える立場になりましたが、まだ学ぶことはたくさんあります。後輩たちは私より優れている面を持っているので、そのような点を大事にしながら指導しています。

オフタイムの過ごし方を教えてください。

休日は家族とゆっくり過ごすことが多いですね。平日は残業があっても21時には必ず消灯する職場なので、オンオフの切り替えをしやすい。仕事も個人的にスケジュール組みができるので、しっかり仕事をしたら、後は自由な裁量に任せられます。自分で仕事とプライベートのメリハリをつけることができます。

将来は海外で活躍できるM&Aアドバイザーめざして。

情報開発部 アドバイザー
入社3年目
小林賢人