事業承継や事業成長の手段として、譲渡を検討する企業が急増しています。特に中小企業においては、親族が承継するケースが減少しており、後継者不在に悩む経営者が増えています。また、多くの業界で国内マーケットが縮小する中で、勝ち残りのために資本や人材が豊富な大手企業のグループに入る中小企業が増えています。

譲渡のメリット

  1. 事業承継を実現し、従業員の雇用や取引先との取引を継続することができます。
  2. オーナー経営者は、譲渡対価を受け取り、ハッピーリタイアすることができます。
  3. 譲受企業の資金や人材、顧客網を活用することにより、事業を成長させることができます。

譲渡までの流れ

準備段階

  1. 個別相談
    譲渡の目的・希望条件等についてヒアリングさせていただき、実現可能性等についてアドバイスさせていただきます。
  2. アドバイザリー契約の締結
    貴社と弊社との契約です。契約後、貴社の経営資料に基づき、企業評価を実施致します。

探索

交渉段階

  1. 譲受企業の探索
    提携している全国の金融機関や会計事務所との情報交換を通して、貴社の提携候補企業をリストアップし、アプローチします。
  2. 譲受企業との条件調整
    貴社の代理人(または仲介者)として提携条件を調整します。また、トップ面談や工場見学を実施します。

契約段階

  1. 基本合意契約の締結
    これまでの条件調整過程に基づき、契約書の草案を作成します。譲受企業との契約になります。
  2. 買収監査
    財務や法務等の監査を受けます。監査が滞りなく完了するように支援します。
  3. クロージング
    最終契約書の草案を作成するとともに、確実に対価の授受が行われるように支援します。

支援に関する報酬について

  1. 着手金 規模に応じて 60万円~200万円
  2. 成功報酬
譲渡企業の時価総資産額(営業権を含む) 手数料率
5億円以下の部分 5%
5億円超 10億円以下の部分 4%
10億円超 50億円以下の部分 3%
50億円超 100億円以下の部分 2%
100億円超の部分 1%
ただし、最低額は1,000万円。